忍者ブログ
南米で見る、主にアメリカのドラマの感想などを書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メインキャラに関するストーリーのネタバレがあるので、日本で第2シーズンあたりをご覧になっている方はご注意ください。隠していません。



精神分析医のヴァイオレットは第2シーズンで同僚のホリスティック系医師(元は国境なき医師団にいたらしい)ピートおよび階下のクリニックの精神分析医であるシェルダンの二股かけており、どちらの子かわからない子供を妊娠してしまった。
どちらの子かわからないまま臨月を迎えたが、自分の担当していた女性患者に自宅に押し掛けられ、腹部を裂かれて子供を取り出されてしまう(この辺、見てないのであとからのストーリー補完です)。
以前レイプされた経験のあったヴァイオレットはそれがフラッシュバックし、子供の世話をすることができずにその子(息子)をピートに押し付ける。
その後、シェルダンの主張により鑑定を受けたところ、息子はピートの子であることが判明。ヴァイオレットは子供の顔を見ることさえ(精神的に)できず、ピートが息子を育て続けている。
一応仕事はしていたヴァイオレットだが、同僚の小児科医で親友でもあるクーパー(男性)とコスタリカに休暇に出かけたあと、クーパーが戻ったあともコスタリカに居続け、今回やっと数か月ぶりに復帰。

というわりとすさまじいストーリー展開のあとで、戻ってきたヴァイオレットは息子ルーカスに向き合う覚悟ができたと言い、ピートとよりを戻したいとは言わないので(彼は既に別の同僚と付き合っている)息子の保護者としての権利をピートとシェアしたいと言う。しかしピートはそれを拒否。来週は裁判の模様。

ヴァイオレットはちょっと内気っぽい感じで普段からやや不安定に見えるキャラなので、「大丈夫」と言われても信用しにくいところがあり、拒否するピートの気持ちももっともな感じ。さらに、息子に精神的に安定した環境を整えてやりたいという気持ちも理解できる。全体がまだ数カ月の出来事なので、息子もまだ1歳になってないはずですが。

ヴァイオレットにはいろいろな過去があって同情の余地もあるけど、彼女には「ちょっと内気な人」特有のずるさのようなものが見えます。この描き方はうまいと思う。内気な人には意識的にか無意識的にか、その人なりの「自分の思うことをはっきり主張しなくても周囲の人を自分の思う通りに動かす戦略」みたいなのがあることが多いと思うのです。ドラマだと「自分の思うことをはっきり言えなくて、誰にもわかってもらえず、ひたすら耐えて耐えて耐えて、爆発!」みたいなキャラが多いように思いますが、現実にはそういう人は少ないんじゃないかな。その意味で、ヴァイオレットはリアルに感じます。キャラとしては嫌いではないです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/12 narumi]
[01/12 X^2]
[01/09 narumi]
[01/09 X^2]
[01/05 narumi]
プロフィール
HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:
99年からボゴタ在住。
家族は現地人の夫と犬2匹。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]